skip to Main Content

統一感のある内装と考え抜かれた動線で、機能性とオシャレさを両立させたスタイリッシュハウス

こちらはオシャレな窓が印象的なお家の正面です。窓の高さ、大きさ、開口の仕方で印象が大きくかわり、オシャレ度にもグンと差が出ます。 このお家の窓のはデザイン性を上げてくれる窓のいい例ですね。

キッチン部分に下がり天井を使用することで、空間が広くなりすぎず、落ち着いた空間をつくりました。また、勾配天井やL字型建具を使用した和室と掛け合わせることで、LDKの広がりをより一層強調しております。

床材にはPanasonicのベリティスフロアーW ハードコートを採用。こちらのフローリングは天然木突き板仕上げといって、薄くスライスされた本物の木が貼ってあります。天然木のキャラクターを活かした床材で、ひとつとして同じ柄がないので表情豊かで、インテリアにアクセントを与えてくれます。

木目に差し色のネイビーを使ったドアとキッチンが映えるLDK。建具といえばホワイトやチェリー色が定番ですが、ここにカラードアを使うことでオリジナルの空間を作ることができます。ドアを開けるたびに、ワクワクする気分も運んでくれそうですね。

ステイホームを機に居心地のいいお家空間を作ることが、グンと重要になってきました。その中でも居心地のよい空間づくりにおいて重要な「照明」。目を惹くおしゃれなデザインに仕上げたものを採用して、和のテイストを壊さずお洒落な和室に仕上がりました。

リビングの一角に和室が設けてあり、一際目を引くのが和紙の照明器具です。和紙を通した光は優しい温もりを感じさせる空間が得られます。吊り収納を採用することで和室の雰囲気をより引き出しています。

天井から吊り下がっている裸電球のペンダントライトはリビングのインテリアの1つとして目立つ存在。明るくする機能面だけではなくお部屋の雰囲気作りをしてくれますね。

スイッチニッチの下には有孔ボードを採用し、等間隔に開けられた穴にフックなど取り付けるだけで棚や収納を簡単にDIYできちゃいます!自分でカスタマイズができるのでアイデア次第でいくつもの使い方があり楽しめますね!

こちらのカップボードにも、建具と同じ、ネイビーオークの柄を使用することで、統一感が出ております。 実は、ネイビー色には、高級感をもたせたり、神秘的な印象を感じさせる効果もあるんです!空間を引き締める効果もあり、おうちのアクセントにもぴったりですね。

玄関ホールには優しい光で照らすウォールライトと家型のニッチがあり「ただいま」「おかえり」そんな声が聞こえてくるようなほっとする空間になりました。

家族のおかえり動線とお客様の動線を分けることで、急な来客も慌てることなく常に綺麗な玄関を保つことが出来ます。また、アイモクでは、お好きなエントランスパーツを組み合わせることによって、お客様の生活スタイルに合ったオリジナルの収納スペースをつくる事が出来ます!

こちらはウォークインクローゼットの一角。可動式のレールで長物をかけたり、2段にして収納量を増やしたりと様々な使い道があります。洋服を選ぶ時・着る時・しまう時も幸せを感じる空間となりました。

可愛い雰囲気がたっぷりな水色の洗面台です。床材のイエロー×洗面台のブルーグレーは北欧を感じさせる色合いのテッパンです。色合いの爽やかななサニタリースペースは使う人が心地良い気分になれそうですね。

脱衣室兼ランドリールームの勝手口を開けるとウッドデッキへと繋がっており、動線を短くすることで楽に洗濯物を干すことが出来ます。取り込んだ衣服を畳むこともできるようにカウンターも完備しております。

老後のことも考え、トイレに手摺を採用しました。立ったり座ったりする動きや、姿勢を安定させるのに有効です。 毎日使う場所だからこそ、安心して使える空間に

枕元のふかし壁の高さはヘッドボードと干渉しない95cmがおすすめです。アクセントクロスを使うことによってホテルのような、おしゃれな部屋に早変わりします。スマホ置き場にも最適です☺

書斎といえば、2階というイメージの方も多いと思いますが、こちらのお家は、あえて1階に、持ってくることで、使い勝手の良い空間となりました。 人気のL字型カウンターを採用しており、ご主人のリモートワークや、お子様の勉強スペースとして一緒に使うことも出来ますね!

子供部屋として予定している2部屋はあえて間に壁を設けておりません。 最初は家族全員で寝るなど広いスペースとして活用し、お子様の成長に合わせて仕切りたいタイミングで壁を作られる方が増えております。

垂れ壁は、アーチ型だけでなく、三角型も出来るんです!丸みを帯びた開口のアーチ型とは違い、カッコ良い印象になりますね。 そして、実は垂れ壁には防煙効果もあるんです!オシャレな上に、災害時にも助けてくれるなんて最高ですね!

お家の面積に対する十分な収納スペースは、おおよそ10%以上といわれておりますが、実際は、6~7%程度となっているのが現状です。 こちらのお家は、小屋裏だけで4.5帖という十分な収納スペースを確保しておりますので、余裕を持って収納することが出来ます♪

昔は、瓦屋根が主流でしたが、ガルバリウム鋼板やスレートなど様々な種類の屋根材が出てきております。その中でも、やはり瓦の屋根が無くならないのは、耐久性があったり、瓦の下の空気の層により断熱性が高くなったり、性能面でもメリットが多いからなんです。 また、デザイン面でも写真のように、軒天の色や外壁をアレンジすることで、スタイリッシュな外観を実現することも出来ます。 お家づくりをしているみなさま!是非瓦屋根も考えてみてはいかがでしょうか? 今回は、全体の色のバランスや機能性など、細部まで施主様のこだわりの詰まったお家を紹介いたしました。アイモクでは、そんなお客様のご要望を少しでも叶えられるよう寄り添った提案をさせて頂いております! 是非皆様の素敵なお家づくりのアイデアをアイモクにお申し付けくださいませ。