skip to Main Content

お客様のご新築お引渡し🏠着工から完成までのお話し~パート2

M様邸もいよいよ着工です!

 

ここまでの流れが分からない方は下記より前回ブログをご覧ください!

 

着工といえば当社の場合、最初に行うのが

「地鎮祭」です

(読み方 じちんさい)

 

もちろん地鎮祭は必須項目ではありません。やらないお客様もたまにお見えになります。それでも95%くらいのお客様は行います。地鎮祭とは簡単に言うと建物を建てる際に工事の安全と無事完成をお祈りする儀式のことです。M様もしっかりとお祈りしましたので安心ですね!

下記が地鎮祭の様子です。

そしていよいよ基礎工事に入りました。基礎とはコンクリートでできた言わば土台です。いくら建物の構造がしっかりしていても土台がしっかりしていないと意味がありません。人間でも上半身の筋肉がマッチョでも下半身がガリガリなら逆にケガします。例え60点ですが。。。

前回のブログでもお話ししましたが、当社の場合基礎の仕様内容まですべてパナソニックによる構造計算で最高の強さを確保しておりますのでご安心くださいね。

 

基礎工事も終わり、土台伏せをしたらいよいよメインイベントの上棟(建前とも言う)です

上棟とは、皆様も1度はみたことがあると思います。よく大工さん数名がクレーンで吊るした木材を1階から2階と作り上げている姿を、それが上棟です。骨組みが屋根までできてこの日は完成です。雨に濡れないようにしっかりとシートでカバーしたら「上棟式」を行います。

建前のタイムラプス動画是非見てください!

 

上棟式は地鎮祭の時に神官さんから頂いた御幣(ごへい)を祀り、皆様でお祈りする儀式です。いいってみれば地鎮祭の完結バージョンですね。お客様共通で良く思われるのが、ここまでくると家を建てているという実感が湧いてきたと言われます。確かにです!

その後もちゃくちゃくと工事が進みました。電気屋さんとも打ち合わせを行いコンセントの位置やスイッチの位置、センサーライトの有無などもしっかりと詰めていきました。大工さんとも現地で直接お話をしてもらったりして(もちろん変更や追加もありました)無事に完成を迎えることができました。

 

M様の家はパート1でもお話しした通り木のぬくもりとグレーのコントラストで仕上がりました。そんな中に大きな吹き抜け勾配天井があり階段の手すりもアイアンでとてもおしゃれです。そしてひときわ目を引くのがパナソニックのアイランドキッチンです。完成した内観や外観写真を是非見てください!

M様の感想は想像以上の家ができて大満足とおっしゃってくださいました。私たちとしてはそんなお言葉を頂けて感無量です。家づくりは無いものを作り上げる為、実際のところ出来上がらないとわからないのが本音であります。完成までの道のりは長く、予定外のハプニングや想定外の喜びもあります。山あり谷ありなのが現状です。

 

それでも家は人生の中で一番高価な買い物です。私たちはそんなお客様の大切な財産を作り、その家にお住まいになり、ご家族の生活と成長を支える大事な仕事をしているんだと日々実感させられております。これからも少しでも皆様のお役に立てるよう安心安全な家づくりをしていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。M様穏当にありがとうございました。今後も何かあればお気軽にお声かけ下さい。

もちろんアフターも独自の

アイモクオーナーズサポートをご用意しております。アフターについてのブログもぜひ読んでみてください。

下記にて是非チェックを!