skip to Main Content

お客様のご新築お引渡し🏠出会いから着工までのお話し~パート1

M様 この度はご新築おめでとうございました。

とても満足頂き嬉しくて感動しております。今回のブログはお客様であるM様との出会いを書いてみようと思います。

M様との出会いは当社のオーナー様であるG様のご紹介から始まりました。出会った当初は、まだ土地も探されており、建物もある程度のイメージはあるかなぁ、という感じからスタートしていきました。当社は土地もたくさん保有しているので「探している地域はどこですか?」とお聞きしたところ「可児市内で探してます」とお話しして下さりましたが、土地に強いアイモクでも当時可児市に土地がなくご協力があまりできなかった事を覚えています。

それでもお客様自ら良い土地をお探しになって見つけて頂きました。その後、その土地に対して建物図面作成に入っていきました。その頃にはM様は建物のご要望がすでに固まっていました。詳細としては「大きな吹き抜け」「収納が多い」「スロップシンクのある家」「ほぼ平屋の家」「薄い木目色とグレー色の甘い雰囲気の家」というようなご要望がありました。私は間取りにその思いを反映させるべく、その場ですぐに作成(即席プラン)していきました。

★即席プランニングとは?

当社の得意な即席プランニングはこれまでも数々のお客様からの感動のお声を頂けております。通常、間取り図面作成には1週間ほどお時間がかかります(これは事実)が、当社では1時間もあれば作成可能です(※もちろん詳細まではできませんが)この即席プランニングの良さは、その場で図面ができるので、つまりはお見積りもその日のうちに算出してしまうのです!そうすることにより、次回までのお時間を無駄にせず、1回の打ち合わせで2ステップは進めるのです。これによって競合していた土地を先に買うことができたり、期限付きのキャンペーンなどに間に合ったりする場合もあるのです。

お客様にとっても時間はとても貴重です。少しでもご負担にならないように、すべてではありませんがアイモクでは即席プランニングを心がけてお客様の時間を大切にします。同時に私たちの営業経費もかからないのでその分お客様に反映できたりもするのです。

 

少しお話がそれましたが、その後設計図面もお客様と画面を見ながら納得のいくものになり、仕様決めの段階になりました。当社の仕様決めは「見て、触って、体感して」もらうことを必須としております。カタログやインスタなどSNS情報だけではなく、実際にショウルームに行き決めてもらうのです。

当社はパナソニックと本社契約を結んでおりますので基本的に標準仕様はパナソニックがメインとなります。キッチンやバスルーム、洗面化粧台(今回はアイカ工業さんを使用しましたが)トイレなどの水周りだけでなく、床材やドア、クローゼットや外壁材から照明器具などを見て触ってご選定して頂くのです。

その他窓サッシもYKKやLIXILから、壁紙クロスはSANGETSUのショウルームまで足を運んでもらっております。やはり見て決めるのは画像よりも実感も沸くので絶対にオススメです。行くまでは大変ですが決めるのは皆様とても充実したと言ってくれてます。M様も3回ほど行ってくださいました。

★即時見積もり

仕様決めも順調に決まり、M様は当社と建物のご契約に至りました。契約後も度重なる打ち合わせを行いました。電気配線打ち合わせもコンセントやスイッチの位置を決めたり、収納内部のハンガーパイプや可動棚など細かい打ち合わせを行い仕様決定となり着工していきました。当社の場合、平均値ですが打ち合わせ回数は5回~7回ほど、時間でいうと15時間~20時間くらいの打ち合わせが必要となります。

☆パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー

図面や仕様が確定したのでテクノストラクチャーの構造計算を行いました。ここでは耐震等級3の強さを取得しなくてはならない為、パナソニックによる「388項目の構造計算」を全てクリアしなくてはなりません。M様の家も構造計算の洗礼を受けてしまいました。しかし強さを求めるのならそれも仕方がありません。良いことだと思った頂けると嬉しいです。そして構造計算も見事合格し建築確認申請へ進み、着工までの道のりに至るのであります。

 

パート1はこのあたりで

次回はいよいよ着工に入っていきます!乞うご期待ください!