skip to Main Content

多治見市北丘町|I様邸|新築・注文住宅|色合い豊かな木目調が映える家

豊かな自然と利便性の両立した日当たりのよい南向きの立地に、アーチ垂れ壁やアクセントクロス、ペンダントライトなど、各所にお施主様のこだわりが詰まった邸宅が完成しました。

 

▼ 画像クリックで拡大表示します

壁のホワイト×木のブラウン×ドアのブルーのカラーバランスが絶妙なLDK。グレーのペンダントライトがアクセントとなって、おしゃれなカフェのような雰囲気に仕上がっています。キッチンを下がり天井にすることで、リビング・ダイニングの空間をより開放的にみせる効果があります。

リビング奥には和室を設けました。引き戸を開ければキッチンから、ダイニング〜リビング〜和室を一望できるので、お子さまの様子を眺めながら安心して作業ができます。

キッチンの左奥にはパントリーを設けました。
さらに奥に進むと洗面室につながっていて、忙しい時でも効率よく家事が出来るよう工夫されています。

ランタン型のタイルをあしらった造作洗面台。
明るい色の木目とブルー系で統一されたタイルの組み合わせが良いですね!とても涼しげです。

アクセントクロス使いも必見です!

アクセントクロスとは、部屋の一部の壁にメインカラーとは違う色や柄の壁紙でアクセントをつけたもののことを言います。そうすることで、部屋が広く見えたり、お部屋の印象を変えたり、自分たちの個性を出したりと様々な効果があります。

こちらの邸宅では、メインカラーのホワイトの壁紙とブルーのドアに合わせて、上手にアクセントクロスが選ばれています。
空間ごとに雰囲気を変えつつ、家全体のイメージも壊さない絶妙な配色ですね。

 

アーチ垂れ壁やペンダントライト、お家の形をしたニッチなど、玄関ホールもおしゃれな空間づくりがされています。
家に入った時から、家全体の印象が伝わってきますね。
色数を3色程度に厳選し、テイストを1つに絞ることで、よりオシャレなお家に仕上げることが出来ます。

アーチ壁の向こうには、可動棚付きのシューズクロークを配置。シューズクロークから室内に上がることも出来るつくりになっているので、家族用の玄関として使用することもできます。

 

その他の施工例