skip to Main Content

Aimokuの家づくり

地震に強い「テクノストラクチャー工法」を採用

テクノストラクチャーとは木造住宅の要となる梁を鉄骨とし、接合部を オリジナル部材で徹底的に強化した木と鉄のハイブリッド工法です。 完全自由設計でありながら、全棟構造計算を義務付けるパナソニックの 耐震住宅工法です。

 

全ての家に必ず構造計算を実施

大地震・台風・豪雪に耐えられる家か どうかを事前シミュレーションします。 補強が必要ならば改善を重ね、すべての 項目がOKになるまで「何度でも」 チェックを行います。

構造計算とは?

住宅は建った後で耐震診断をしても手遅れです。 テクノストラクチャーでは、一棟一棟の構造計算 (災害シュミュレーション)を設計段階で行い、 全388項目におよぶ厳しい強度チェックを行います。 1項目でも不備は許されません。

 

「震度7の揺れをコンピューター上でシミュレーション」

 

耐震等級には3つのランクがあります

 

”震度6強の地震で傾いても倒壊しない”ことが基準の 「耐震等級1」。建物の基準を定めている建築基準には 「建築物の構造などの最低の基準を定めている」と ありますが、”建築基準法を守れば地震に強い家になる” ということではないのです。1度の大地震で家族は 無事でも、家が倒壊し、住めなくなってしまっては 家として意味がありません。熊本地震のように2度 3度と大地震がきたときに倒壊してしまう可能性も あります。実際に、熊本地震では、耐震等級2の建物が 幾度の地震で倒れれてしまった事例がありました。

アイモクの家では耐震等級3の 強度を標準仕様で確保しております!

動画もご覧ください。

テクノストラクチャー工法に関するメーカー作成ムービーです。一つは、感動的なストーリー動画。もう一つはテクノストラクチャー工法の上棟の早送り動画です。メーカーの地震に対する取り組みや思いがこの動画に詰め込まれています。